LINEUP Special DSD Recording Live!!! act : Nao Yoshioka

Nao-Yoshioka-800
LIVE & RECORDING@THE GARDEN ROOM
11/03

Special DSD Recording Live!!! act : Nao Yoshioka

和製アリシア・キーズと呼ばれ、BLUE NOTE TOKYOにて、アルバムデビューから半年という異例のスピードで、ステージデビューを果たしたNao Yoshiokaが、YEBISU MUSIC WEEKENDにて、最高音質DSDでのライヴ・レコーディングに挑戦します。日本代表として世界のソウルミュージックシーンに羽ばたく希望の光Nao Yoshiokaの歌が、最高音質で刻まれていく姿を、目撃して欲しい!

※会場はザ・ガーデンルームとなります。本ライヴは、レコーディング・ライヴのため、レコーディング中に入場することはできません。ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

Nao Yoshioka

NY仕込みのパワフルなヴォイスと表現力、ヒストリーに根ざしながらもレイドバックとは異なるモダンなテイストを兼ね備えた現在進行形ソウル・シンガーNao Yoshioka。2009年からニューヨークに2年半滞在し、アポロシアターのアマチュアナイトでは準優勝、トップドッグまで上り詰めた。アメリカ最大級のゴスペルフェスティバルでは40,000人の中からファイナリストに選ばれ帰国。

2012年「Make the Change」をSWEET SOUL RECORDSからシングルリリース。和製アリシア・キーズと呼ばれ、渡米時にはグラミー受賞アーティストのGordon Chambersからも称賛を受けた。そして2013年11月に待望のデビューアルバム『The Light』をリリースすると、シングルカットされた「Spend My Life」はテレビCMにも起用されるなど大きな注目を集める。アルバムタイトル曲、「The Light」は関西最大のラジオ局FM802のヘビーローテーション曲にも選出された。

そして迎えた2014年、「Spend My Life」の楽曲提供者でもあるBrian Owensを招き、これまで数多の世界のトップアーティスト達がステージを飾ってきたBLUE NOTE TOKYOにて、アルバムデビューから半年という異例のスピードで、ステージデビューを果たした。9月からはアメリカ、ヨーロッパ、日本をまわるワールドツアーの実施も決定。日本代表として世界のソウルミュージックシーンに羽ばたく希望の光の輝きは更に増していくだろう。

VIDEO